中3生向け高校入試対策-ゼロ学期から始める理社テスト-

個太郎塾ふじみ野教室の

塾長小島です

 

中3受験生向けに

高校入試対策として当塾が行っている

ゼロ学期から始める理社テスト

 

これの説明をさせていただきます

 

あ〜

ゼロ学期から始める・・・といっていますので

開始は3月

 

中2生の学年末テストが終わったタイミングですね

だいたい2月下旬にあるところが多いので

3月を中3ゼロ学期と名付けて

この時期からはじめております

 

使っている教材は

キーワードマスター

 

 

すばらしい教材なんですよ

これが

 

この薄さで・・・って

写真ではわかりませんよね(;´∀`)

理社の基礎的な内容が詰まっている

 

社会は一問一答形式がメインですが

図の問題もある

理科は主に穴埋め

図が盛りだくさん

一問一答も後半のほうにあるし

計算問題だけを集めたパートもある

 

別冊の解答も優れていて

持ち運びに便利なサイズで

しかも赤シート付きで・・・

 

あげればキリがないですね(;´∀`)

とにかくいい教材だということです

これを繰り返しやっていきます

 

1回のテストは・・・

社会が60個から50個テスト

理科が約50個から全部テスト

 

部活引退するまでは

このくらいの問題数でいこうかな〜と

 

引退したら100個に増やすつもりです

今年の中3生もそれでやっていましたし

 

理科はどうしても

問題に図がたくさんあるので

そのままのテストになっていますが

 

社会はほぼ一問一答ですから

そのままで出すことはやめました

ランダムです

ランダム

 

順番で覚えてしまわないように・・・

あとは一定の緊張感を与えるために・・・

 

20歳の頃

オーストラリアに住んでいたんですが

約1年間

この間にエクセルの勉強を独学でやっておりまして

あ、英語ももちろんやっていましたよ(;´∀`)

 

ここで覚えた知識を使って

範囲を指定して

ランダムで問題を作ってくれるシステム

なんていうとおおげさですけど

これをエクセルで作ったんですよ

 

勉強ってちゃんとやっておくもんですね〜

いつ役に立つかわからない

 

脱線はこの辺にして

とにかく社会はランダムテストです

 

社も理も

合格点は8割で

それを下回った場合は再テスト

 

理科は同じテストになりますが

社会はまたランダムです

 

つまり40点合格だとして

39点で惜しくも不合格だった場合

あと1問で合格だからといって

その答えだけを暗記すれば合格できる!

なんて生ぬるいものではないんですよね〜

 

ふーーー

こんなところでしょうか

 

このテストを

週1回

今は土曜日に設定していますが

やらせているということです

 

以上

中3生向け高校入試対策

ゼロ学期から始める理社テストの説明でした!