どっちも疑う?suspectとdoubtの使い分け方

結局どっちも疑っているんでしょ?

まぁ確かにそうなんですけどね・・・

 

suspectとdoubtの意味の違い

 

早速説明していきましょう

 

suspect説明

ところで「suspect」

どこかで聞いたことのある言葉ですね

 

ドラマとかで見ませんか?

「火曜サスペンス劇場」

まだやっているのかな・・・

 

犯人はあなただ!!!

犯人だと疑うんですよね

doubt説明

続いてdoubtですが・・・

 

これはみんなおなじみカードゲーム

名前もそのまんま

「ダウト」

 

あれは嘘を見破るゲームですよね

 

8といって7のカードを出したときに

ダウト!!って叫ぶのかな

 

ルールがちょっと曖昧で・・・

 

じゃないと疑うんですよね

かんたんな見分け方

結局どっちも疑っているじゃん

 

ちょっとまってください!!!

よくみてください

 

  • 犯人だと疑う
  • じゃないと疑う

 

ちゃんと違いあるじゃないですか

doubtはじゃないと疑うんですよ

 

あ、こうしましょう

 

thinkに置き換えて考える

 

suspectもdoubtもthinkに置きかえちゃいましょう

かなりわかりやすくなりますよ

 

なんかいい例文ないかな・・・

これにしよう

 

  • I suspected that he stole my watch.
  • I doubted that he stole my watch.

 

疑うだからこんな例文になってしまった(ーー;)

 

さあthinkにおきかえますよ

まずはsuspectのほうから

  • I suspected that he stole my watch.

  • I thought that he stole my watch.

「私は彼が私の時計を盗んだと疑った(思った)」

 

続いてdoubtのほう

こちらはdon’t thinkにおきかえができます

notがつくのが重要!!

  • I doubted that he stole my watch.

  • I didn’t think that he stole my watch.

「私は彼が私の時計を盗んだことを疑った」

 

盗んだことを疑っている

つまり

盗んでないんじゃない???と思っているということです

 

意味全然違いますよね〜

どうでしょう?

thinkに置き換えると理解がぐっとしやすくなりませんか?

 

あれ?私だけ?