北辰テスト第6回数学これだけは解けてほしい問題紹介[2021年度]

過去に何度もやってきたシリーズ

北辰数学

簡単な問題だけで何点取れるのか

いってみましょう

2021年第6回目の北辰です

 

大問1

1番から6番

すべて計算

特に難しいところはありませんね

もちろん全問正解で

 

7番

最も大きい数はどれですか・・・

文字が出てくると難しく考えちゃう子いますが

とりあえずなんでもいいので数字を当てはめてみればいいです

 

そうすれば時間はかかったとしても

ここは確実にとれますね

 

でも正答率は低そうですね・・・

 

8番

反比例の問題

反比例はxとyをかけると比例定数aになる

この知識があれば

教科書にも書いてあると思う・・・

あとは三角形の面積公式を使って答えが出せる

 

難しくはないけど

いつもの関数問題よりは頭を使いますかね

シンプルなやつは本当にシンプルなので

 

でもできて欲しい

 

9番

角度の問題

多角形の内角の和を使う

これはできて欲しい

 

10番

確率の問題

珍しいですね

ここで確率とは・・・

大問2で出てくるイメージなので

 

計算でも出ますが

樹形図もそれほど書く作業は多くないので

ここも確実にとっておきたいところ

 

11番

方程式の文章題

相変わらず立式のヒントはありますね

穴埋め

今回式はかなり易しいレベル

 

あーーー

②番

やらかしている人いそうですね

①の式を解いて答えをそのまま書いた子

解けたからOK!なんて思っていると痛い目をみますね

よく問題文は読まないと

 

さてこんなところでしょうか

 

個人的な感覚としては

いつもの大問1よりはちょっと難し目かなと

 

それでもやはり

大問1ということもありますし

全部正解したいところ

 

正答率見てみましょう

 

あ、僕の予想当たりましたね

全然うれしくないけど

 

7番、8番低い・・・

思った以上に低いです・・・

 

あ、11番

①で式出来て

計算して答えが出て

それをそのまま最後の答えだと思って書いて間違う

②のほうが正答率が低いので

やからした生徒がそこそこいるってことですね・・・

問題文はちゃんと読まないと

 

大問2

絶対できてほしい問題は

いつも一緒で5の①

あとは・・・

ん〜今回の内容だと2と3ですかね

 

2番

あまり見たことのないタイプですね

あ、北辰ではという意味ですよ

 

a, b, cの3つを使って3桁の数字が表せるか

最初の壁はここ

100a+10b+cみたいなやつですね

これができないとこの問題は解けません

 

ここができれば

全通り書いて計算すればOK

 

100aが2個

10aが2個

aが2個

できるから222だなと法則に気づけるとなおよしです

 

最初の壁さえ突破すれば難易度は易しめ

 

3番

平方根の問題

ルートと自然数が混ざっていますので

どちらかに合わせる

 

2乗してルートを消してもいいし

ルートにして揃えてもいいし

 

ここは普通に易しい問題です

 

5番

毎度おなじみ規則性問題

①は簡単、②は難しい

②はできなくてOK

最低限の点数を取るなら

①は逆に絶対できないとアウト

 

理想は規則性に気づいて

計算で出す方法

それが難しい場合は

図を書いて数える方法

 

後者でも構わないので確実にGETしたい問題

 

大問3

1番

でましたよ

関数問題

①が簡単、②が難しい問題

②はいいです

①は絶対に解いてください

 

今回は2次関数の

あ、xの2乗に比例する関数の問題

変域を答える問題

 

正直大問1で出てきてもおかしくないレベル

それくらい簡単です

 

ここで5点が取れるのは大きい

確実GETで

 

大問4

1番

合同証明

毎回証明ですね

ここは

 

えっと・・・

証明に必要な3つの条件のうち

2つは問題文に書いてあります

最後の1つはちょっと工夫しないとわからないかもなので

 

少し難しいとすれば

この3つ目ですね

 

とはいえ何も書かないわけにはいかないので

部分点だけでもとっていきましょう

7点問題ですから

 

まとめ

今回のテストはいつもより少し難し目?

といっても平均は

47.8点といつもと変わらず

あらら

 

関連記事

2021年度 […]

 

本当に簡単なところだけ取れたとして

ここにあげた問題の中からさらに厳選して

55点くらい・・・

 

偏差値54ってところですかね

それでも50は超えます

 

数学は基礎問題だけで50をちゃんと超えますので

教科書の問題をしっかり復習しましょう