ten to tenって一体何時のこと?[塾長失敗談付]

これはオーストラリア留学中に実際起きた話である・・・

 

「明日は10時10分に集合ね」

 

また変な時間に集合させるんだな〜

心の中でそう思いつつも

僕はあえて質問をすることなく職場を出た

 

僕は割と時間にうるさい

流石にゼロとはいわないが遅刻をすることは稀である

 

翌日

「10時5分ごろに着けばいいか・・・」

そう言って僕は少し余裕をもって家を出た

 

職場に到着

時間はぴったり10時5分

集合時間5分前には到着

 

「おはようございます・・・てんちょ・・・う?」

 

おかしい

店長の顔が険しい

どうみても怒っている顔だ

 

何かしでかしたのだろうか

いや、そんなはずはない

 

「遅刻だぞ・・・」

「しかも15分も・・・」

 

そんなばかな!?

自分の時計が狂っているのか?

あわててお店の時計を確認する

 

長い針は数字の1を指している

問題ないじゃないか

どこが遅刻だというのだ

 

店長の顔は変わらない

 

「すいません、店長」

 

理由はよくわかなかったが

とりあえず謝るしかなかった

 

その日の夜

怒られたことに納得のいかなかった僕は

もう一度最初から思い返してみることにした

 

このままでは気持ち悪くて眠れない

そう思ったからだ

 

前日のことを振り返る

 

「明日は10時10分に集合ね」

 

そうだ

この言葉

 

きっとここにヒントがあるに違いない

だいたいこんな変な時間に集合させるわけがない

 

5分に到着して15分遅刻と言われた

ということは集合時間は9時50分だったということか

 

ちょっと待てよ

10分に集合ね・・・

10分

10分

 

これは10分前ということだったのだろうか

10時10分ではなく

10時10分前

 

もう一度店長の言葉を思い出す

たしかこう言っていた

 

「ten to ten」

 

そうか!この表現は10時10分ということではなく

10時10分前ということなのか!

 

きっとそうに違いない

それなら納得がいく

 

こうしちゃおれん

 

日本からもってきたであろう辞書や参考書を使って

僕は色々調べ始めた

 

まるで欲しいものを買ってもらった少年のように・・・

 

ふむふむ

なるほど

toは矢印

そういうことか

わかったぞ

 

ten to ten

ten → ten

 

10時まで10分

つまり9時50分

やはり10分前ということだったのか

 

やっとすっきりした

 

明日もう一度店長に謝ろう

勘違いしていたこともちゃんと伝えて

そういって眠りについた